オンラインゲームの放浪記。現在は大航海時代,艦コレで放浪中。
http://adventurerecord.blog104.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
カッパドキア発見~!
2008-02-13 Wed 01:24
ども、るーじぇすです。

昨日まで夜勤(夜勤といっても準夜勤)だったのですが、
今日から元通り、昼勤務にもどります。
3月までの仕事のうちで最大の規模の仕事のテストが昨日終わったので、
あとはゆっくりしていけるかなと思います。

あとは出張して現地に反映なので、ずっと出張が多くなりますが・・・。

さて、ネトゲの話ですが~
今回は、大航海時代の発見物から。
黒海の南岸上陸地点から奥地にいった場所のカッパドキアです。
カッパドキア
トルコのアナトリア高原中部広がる広大な荒れ地にあるのですが、
地上にある岩をくりぬいて作られた住居群と、カイマクル、デリンクユ
に代表される、三十を超える地下都市があります。

発見されている最大の地底都市では地下12階の構造を持つものもあり、
炊事場、下水、換気穴、貯蔵庫などの生活に必要なものは全て揃っていて、
教育施設まで設けられていたようです。
また出入り口や要衝には、丸い円盤になった岩などが設置されていて、
外敵が襲来した時には封鎖できるようになっていました。

また驚くことに、9キロ以上も離れているカイマクル地下都市とデリンクユ
地下都市が地下通路で繋がっています。

発見されている地底都市で生活できる人数を換算すると、
地下で暮らしていた人々は9万人近くいると推定されます。
地下都市は時代的にはヒッタイト人が作ったとされますが、
本当のところはまだ謎のままです。
(年代測定で、ヒッタイト人ではないかと推測されてるだけで、確証がない)

この場所は、かなり歴史が古く、紀元前1600のヒッタイト帝国の軍の
本拠地であった時代から歴史が始まります。
ヒッタイト王国は版図がカッパドキアの付近を中心に広がっていたので、
軍の本拠があったのだと思います。
ヒッタイト王国が滅亡したあとは、冬の降雪と夏の乾燥という厳しい気候で、
大国に挟まれた緩衝地帯であったせいか、支配者はいろいろ入れ替わり、
重要な場所ではなくなっていきます。
ただ、別の意味では重要な場所になっていくわけですが。

地上の住居跡には、教会がたくさんあり、宗教画がたくさんのこされています。
宗教画がなぜたくさん残されているかというと、この地が迫害されたキリスト
教徒が何回も潜伏した地でもあるからです。

AD64年古代ローマ皇帝ネロにより行われたキリスト教徒の迫害から逃れた人が、
このカッパドキアの地に流れ着きます。
この人たちは、キリスト教の信仰が容認されることになる、西暦313年のミラノ勅令が
発布されるまで、このカッパドキアで潜伏ます。

次にキリスト教徒が潜伏するのは、AD730年ビザンティン帝国の、
皇帝レオン3世によって聖画禁止令が発布されたことで、
聖像や聖画を守ろうとした人々がこの地に潜伏します。
今残ってる宗教画は、この人たちが描いたんでしょうかね?

そして最後に逃れてくる人たちは、AD12~13世紀の十字軍の時代に、
十字軍から逃れてきたキリスト教徒。
同じキリスト教徒から・・・?
と疑問に思ったのですが、この十字軍、ローマ・カトリック以外の宗派も弾圧して
いたみたいで・・・。

この迫害されていた人たちが、地下住居を防衛施設として使い、地上に宗教画を
のこし、教会を建設していたようです。
(地下に住んでたわけではないらしいです。機能はそろっていても、生活につかった
 物品や、宗教画がほとんど確認されなかったらしいので。)

そして、1923年7月24日にトルコ共和国政府および西ヨーロッパ諸国との間に締結
されたローザンヌ条約によって、トルコ国内に住むキリスト教徒と、ギリシャ国内
に住むイスラム教徒の住民交換が行われたときに、この地を去ることになります。
最後まで信仰を守り通したということになるのでしょうか。
しかし信じるものがある人は、すごいなぁと思います。
生きていくに不向きな場所でも、信じるものを捨てないために潜伏する。
それを何百年も代々にわたって続けるというのはすごい事だと思います。

ちょと長くなったけど、今回はこんなとこでしょうか。
発見物調べる時間がだんだん長くなってるような気がします。
調べてると、時間がたつことを忘れます・・・・。
まぁ面白いからいいですが~。

んではまた大航海で冒険してきま~
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<出張中~ | るーじぇすのネトゲ日誌 | ちょっとネタがないっすw>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| るーじぇすのネトゲ日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。