オンラインゲームの放浪記。現在は大航海時代,艦コレで放浪中。
http://adventurerecord.blog104.fc2.com/
マハーバーラタ発見!
2008-02-01 Fri 17:24
どもるーじぇすです。

PCも調子を取り戻し、環境も安定して、やっと一安心してます。
一部の人は、そんな私を笑いながら見てたそうなので・・・
いつか復讐しようと思います・・・(覚悟してろー

9さん・・・日頃の行い・・・そんなに悪いでしょうか・・・私・・・__○_

まぁ気を取り直して、ネトゲ、大航海時代の話です。
今回発見したのは、マハーバーラタです。
インドの叙事詩で、日本でいえば、古事記に当たるものです。
古事記と同じ様な感じで神代から始まって、歴史を書き記した感じですか。

マハーバーラタ


またぐぐってみて、調べてみました。
内容は、戦争叙事詩(?)で、バーラタ王家とパーンダヴァ王家の争いの話です。
(まだ読んだことないので、はっきりとわからないです。)
どうも一言で、マハーバーラタといっても、数種あるらしく、
ブーナ版、カルカッタ版、ボンベイ版といった感じで内容も少し違うみたい。

またぐぐってみて、調べてみました。
一応紹介されてた話のあらすじを書くと・・・

インドにクル族という一族がいて、王朝(?)にドリタラーシュトラとパーンドゥという
兄弟が生まれました。
兄は盲目のため、弟のパーンドゥが王位を継ぎます。

パーンドゥはクンティ、マードリーという妃がいましたが、呪いにより子を生すことが
できませんでした。

そこで、クンティが神々を呼び出す呪文を使って、ダルマ神、ヴァーユ神、インドラ神を呼び出して、ユディシュティラ、ビーマ、アルジュナの3人の息子を授かります。
また、マードリーもその呪文を使用し、アシュヴィン双神を呼び出して、
ナクラ、サハデーヴァの双子の息子を授かります。

でもその後に、パーンドゥは命を落とし、王位をドリタラーシュトラが継ぎます。

ドリタラーシュトラには、ガーンダーリー妃の産んだ百人の王子がいました。
先王の息子たちは、ドリタラーシュトラに引き取られて育つのですが、
パーンダヴァ五王子は出来がよく、ドリタラーシュトラの長子ドゥリヨーダナは、
いつも比較されて、次第に五王子に嫉妬するようになります。

ドゥリヨーダナはなんとか五王子を排除しようとして暗殺を企てますが、失敗します。
しかし、ユディシュティラの賭博の悪癖につけこんで、五王子を追い出すことに成功、
五王子は13年間の隠遁生活にはいります。

13年後、パーンダヴァ五王子は国の半分を約束どおり、返還するようにドゥリヨーダナに
求めますが、拒否されます。

そして、パーンダヴァ五王子は周辺の国を巻き込み大戦争を起こします。

・・・こういったあらすじみたいです。
しっかし、ドゥリヨーダナもかわいそうですね。神の息子と比べられてもなぁ・・・

人物紹介みると、知ってる名前がちょろちょろと出てきますね。
クリシュナとかはかなり有名だし。

この叙事詩、事実だけを基にして書かれているかどうかの論争があるそうなのですが、
事実だけを基にしたっていえない内容があるような気がします。

パンチャーラ国王ドルパタの王女・シカンディンという人物がいるのですが、
男として育ち、後に後にラークシャサと性別を交換して男となる・・・

セイベツコウカンッテナンデスカ・・・

あと、なんとなく私が気に入りそうな人物もいました。
ドルパタの王女で、ドラウパディ。
気高く、どこまでも美しいヒロイン。
感情豊かでしなやかな女性。
ただし、面倒事巻き起こす性格だそうです。
なんとなく、面白そう。

あと、インドの叙事詩には、共通してでてくる古代兵器があるそうなのですが、
これが核兵器みたいな描写になってるみたいです。
抜粋して載せてみます。

矢の雨が空に放たれた。
その矢の束は輝く流れの星のように落下し、
光となって敵を包んだ。
突然、濃い闇がパンバヴァの軍勢を覆ったそのため、敵は四方の感覚さえ失ってしまった。
恐ろしい風が吹き始めた。
戦獣(戦闘用の象)は恐れおののき、鳥たちが騒ぐ、空に雲がうなり、
地の雨となって降りそそぐ。
自然の秩序そのそのものが、かき乱されたようだ。
太陽が揺れ動く。
宇宙は焼け焦げ、異常な熱を発している。
象たちはあの武器のエネルギーに焼かれ、炎から逃れ出るべく、
恐怖にあえぎながら駆けまわった。
水は蒸発し、その中に住む生き物も焼けてしまった。
あらゆる角度から燃える炎の雨が激しい風とともに降りそそぐ。
雷よりも強烈に爆発したこの武器に、敵の戦士達は猛火に焼かれた木々のように倒れた。
この武器に焼かれた巨大な象達は辺り一面に倒れ、もの凄い叫びをあげた。
やけどをした他の象達は恐怖に狂ったように水を求めて辺りを駆けまわった。

最後の水を求めて駆け回ったというあたりが、原爆資料館でみた記述を
思い出させます。
ちょっと似すぎてますね;;

明日から週末だし、いろいろ興味を引くので、本買ってきて読んでみようとおもいます。
でも近所にあるかなぁ・・・
ネット通販で探してみるかな・・・

では今日はこんなとこでー。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<シャンテとの死闘! | るーじぇすのネトゲ日誌 | メインPC陥落、緊急呼び出し、光回線工事難航 不幸の3コンボ直撃 __○_>>
この記事のコメント
no.75:
>PCも調子を取り戻し、環境も安定して、やっと一安心し  てます。
>一部の人は、そんな私を笑いながら見てたそうなの   で・・・
>いつか復讐しようと思います・・・(覚悟してろー

全く・・・酷い人もいるものデスネ?^^

>9さん・・・日頃の行い・・・そんなに悪いでしょうか・・・   私・・・__○_

(´-`).。oO(・・・・・・・・・)

まさか~ただのジョウダンデスヨ、きっとあれです日ごろの行いではなく前世での行いg
2008-02-02 Sat 08:39 | URL | 九 #-[ 内容変更]
no.76:
前世の行い…なるほど(・∀・)

>あと、インドの叙事詩には、共通してでてくる古代兵器があるそうなのですが

これってヴァジュラですか?
2008-02-04 Mon 03:51 | URL | クリボー #LAnNr2wA[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| るーじぇすのネトゲ日誌 |