オンラインゲームの放浪記。現在は大航海時代,艦コレで放浪中。
http://adventurerecord.blog104.fc2.com/
ウル遺跡発見!
2007-11-22 Thu 20:20
ども、るーじぇすです。

もう冬が近づいて、日の入りが早くなってきました。
会社は5時過ぎに定時になるのですが、その頃には真っ暗です。
家の位置が関東の東の海側で、西に山があるせいか、暗くなるのが
早いような気もします。
そろそろ、空調のいらない季節になってきたので、電気代が安くなりそうです。

さてさて、大航海時代ですが・・・
やっとウル遺跡、発見しました。
アレクサンドリアで受けて、終点がバスラです。
地中海の東端から、ペルシャ湾の最奥まで行くわけですから、
えらい距離です。
陸路実装してたら1500km程度なのですが、海路だと数十倍の距離に。

おまけに途中で勘違いして、スエズ(アラビア海最奥)までいってしまって、かなり萎えました;;

ウル遺跡を発見したときは、『やっと終わった・・・』って感じでしたね。
ウル遺跡1

これが発見カードです。
正面の姿は、本物と同じ形でつくってありました。
ウル遺跡2

また発見物の調査ということで、ウル遺跡で検索をかけて調べてみました。
調べてみると、なかなか重要な遺跡らしく、WIKIとかでも詳しくのってましたので概略だけ記してみようと思います。

建てられた時期は、紀元前22世紀から21世紀にかけての間で、
シュメール文明が栄えた時期です。
これより前は、青銅器時代で、この後に古バビロニアになります。
場所は現在のイラクで、ウル遺跡はペルシャ湾最奥のすぐ近く。

ウル遺跡を建設したのは、ウルク第五期王朝のウトゥ・ヘガルの兄弟(息子?)のウル・ナンム。
ウトゥ・ヘガルの没後に後継者となり、ウル第三王朝を築きメソポタミアでの最初の統一国家の王となった人物です。
(以前にも統一国家はあったけど、専制的中央集権国家になっていなかったので、真の意味での統一国家という意味で最初とされているらしい)

ウルは都市国家の名前で、シュメール人の都市国家群の一つです。
他にもウルク、ラガシュなど、10箇所ほどの都市国家が存在します。
都市国家ごとに都市神がきまっていて、ウルでは月の神ナンナが都市神となります。
ウル遺跡はその都市神ナンナを祀る、ジッグラト(聖塔)です。
ジッグラトとは、日乾煉瓦を積み上げた神殿で、高い峰という意味をもっています。
ウル遺跡の大きさは、推計縦60m、横45m、高さ25mで、この時代のジックラドの中では、最大規模になります。

都市国家毎に神殿があるのかと最初思っていたのですが、どうも逆で、
神殿を中心に都市国家が形成されていったとのことです。
だから都市毎に祀る神がちがうんですね。

発見物に他の都市国家がでてくるかどうかがちょっと楽しみです。
でもEUから遠いですね・・・

一旦クエが終わったので、またEUでの冒険になります。
とりあえず東地中海なのですが、遺跡が多いのでぐぐったりして調べるのが楽しいです。

いまはインド洋のPFに停泊してるので、まずは帰ろうかとおもいます。

最後にウル遺跡のSSを取り出そうとして、BCの輸送船の中のSSを見つけたので貼ってみます。
士官

海軍士官が人を惑わすこといってるので、取ってみたSSです。
まったくいい加減な士官ですね。困ったものです。
では今日はこんなとこで~
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<MIXIに登録・・・・? | るーじぇすのネトゲ日誌 | 忘れてました・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| るーじぇすのネトゲ日誌 |