オンラインゲームの放浪記。現在は大航海時代,艦コレで放浪中。
http://adventurerecord.blog104.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
年末です。
2013-12-30 Mon 13:24
ども、るーじぇすです。

波乱の1年が終わろうとしております。
てか・・・
今年はまじで波乱でした。

1月1日・・・なぜか出張中
1月~2月・・徹夜連打。(3日間無睡眠有り)
3月~4月・・唯一の平穏時期
5月~6月・・改修作業についてのトラブル。現場の意見通らず。
7月・・・・・顧客対応他。
8月・・・・・現状の仕事終了により、本社へ戻るか未決定のまま仕事。
9月・・・・・本社より、悲報。『大阪に仕事がない』→転職決定
10月・・・・自動車免許取得。(真面目に勉強したのひさびさね・・・)
11月・・・・新しい職場で作業開始。
12月・・・・保険、年金などの処理終了。正常な生活へ復帰。

うーん。
波乱ですね。

ちなみに前の職場からは、電話が3日に1回ペースで電話かかってくる。
いまやってるのは簡単な改修のはずなのだが・・・
うちがやってたときは、5日で終わらせてた作業、3週間かけてやってるっぽい。
5,6月で、うちは指摘したことがネックになって(指摘は解決しなかった)、
作業が難航したらしいが・・・だから言ったじゃないか・・・orz

次の作業からが、少し難易度上がるはずなのですが、
話に聞くともうあっぷあっぷで限界っぽい。
つーか、改修でそんなことでは、新規開発は不可能ね。
すでに打診がきてたり。

今の上司『次の改修、発注するかもしれないってさ』
うち  『へー・・・結局外部発注ですか。(本音:やりたくないです)』

まぁ、今の会社は気心しれた人が多いし、無理な工程は拒否する上司さんなので
下命があれば全力でやる所存。

ま、がんばるさねー。

で、年末ですが~
実家に帰るのですが、切符買い忘れました。
あわててバス予約HPみたけど・・・

件数:0

ひーん;;
しかたない、フェリーはどーだっ!

予約は3日前まで。

予約なしでいって乗れなかったら、港でさびしく佇むことに。
それはだめじゃっ;;

ぐぬぬ。
では、快速夜行の指定席はどうだっ?

駅でご確認ください。

・・・つまり満席の可能性が大か。
でもキャンセルあるかもだし、いってみようか・・・

29、30日は満席ですね。

新幹線か飛行機しかないのか・・・
・・・ん?
そーいや、夜行寝台特急って乗ったことないなぁ・・・

寝台特急なら1つ空きありますね。30日。

よし、一回乗ってみようとおもってたし、それでいこう。

A寝台個室デラックスですがいいですか?

・・・まぁいいか、どうせ乗るのならいい寝台を経験してみよう。

という流れで、初めての夜行寝台特急です。
夜行に拘ると、結構選択肢が少ないのです。
ちゅーか、寝台も満席って・・・帰省者多いナ。

昔から帰省は夜行でと決まっておりますゆえ・・・。
年越しそばを家で食べたいので、31日の夜行は空いてたけど無視><
免許とったので、レンタカー・・・とも思いましたが、
免許取立てで、眠くなる帰省ラッシュ大渋滞なんざ、自殺だと思ったので
最初に選択肢が消えました。

んで、ネトゲのほうですが~。

アルペジオイベントがきてます。
秋のアイアンボトムサウンドに比べると・・・

ぬるげー

だって、ボスS撃破できなかったのが2回だけ・・・w
ほぼストレートでクリアです。
てか、今回はレア艦でまくるみたいなので、三隈と巻雲を捜索しようと思います。
大型建造は・・・
あれは気長にやるしかない。
一月に2回まわすくらいしか余裕なさそう;;
大和は下手すると来年夏くらいまで出ないかもなぁ・・・
長門だすのに2ヶ月まわしたくらいだし。
まぁどうせ大和型は演習番長にしかならんから、気長でいいや。

それより!
大型建造で外れ扱いされてる『まるゆ』ちゃん。
昼休みにどんな船なのか調べたのですが・・・

なにこのリアル萌え艦。
陸軍可愛すぎるだろ・・・

だいたい艦コレまとめでも出てますが、要点だけ書き記すとこんなの。
(あるブログからの要約した転記ですが。)

①進水時

海軍関係者も招待して潜行試験が行われたが、その様子を見て「沈没した」と
見学していた海軍が騒然となる横で、陸軍一同は満面の笑みで万歳三唱した。
(まるゆは、敵が来たときだけ、垂直に沈降し潜水してやりすごすという意味での潜水艦
 なので、海軍からしたら、沈没したように見えたらしい。)

②敵に発見されるも攻撃されず

哨戒中の米潜水艦の電報連絡のやりとり・・・

「我船籍不明の潜水艦発見、南下中」
「船尾に日の丸。しかも浮上航行中」(軍艦旗でなく、日章旗をつけた潜水艦)
「日本海軍に非ず。当分監視を続行する」

・・・攻撃サレマセンデシタ。
なぜ浮上航行かというと・・・潜水すると遅くなるからだそうな・・・

③海軍に攻撃される

海軍旗を掲げず、日章旗のみで、軍艦識別の識別表にものってないので、敵と思われて
攻撃されたそうな・・・

④商船に攻撃される

浮上して、休息している時に、商船が通りかかったが、
商船からみると、軍艦識別の識別表にのってない潜水艦。
「もう逃げられない。戦うべし」
と商船は判断して、船ごとまるゆに突っ込んできたそうな・・・

まだまだエピソードはありますが、なんというか?
敵には攻撃されないのに、味方からは攻撃されるって・・・w
一番気に入ったエピソードは2chに誰かが転記してたやつ。

1945年4月、訓練中のまるゆが、沖縄へ最後の出撃中の大和に登舷礼をしている。
艇長曰く「一度でいいからやってみたかった」とか。
もちろん正式の作法など知らず、乗員一同を整列させて艇長が軍刀を引き抜き
「かしらぁー、右ッ!」と号令をかける陸軍式の無骨な敬礼であったが
対する大和は真っ白な軍服に身を包んだ百人単位の乗員が整列し、ラッパ吹奏付きの登舷礼を送ってきた。
たった300トンのまるゆへ7万トンの世界一の戦艦が礼儀を尽くしてくれたことに
まるゆの乗組員は感動し思わず涙を流したそうな。

また、①~④の転記元のブログでもそのエピソードは紹介されていて、
こう書かれてます。

大和の乗組員は、前方にちょこんと浮かんだ小さな小さな潜水艦に礼を送りながら、
どのような感慨を持ったのでしょうか。
他の艦船が不審がったり、馬鹿にしたり、攻撃さえ加えた無名の陸軍艇をも、
即座に認識するほど、大和には情報に精通した見張員がいたということなのでしょうが、
たとえどんな相手であっても、同じ日本を守ろうとする海の防人同志、
「後を頼む」
という悲壮な決意をを伝えたいというのは、大和乗組員の総意であったでしょう。
そして、自分たちがが往くその姿をしっかり見届けてほしいという、最後の願い・・・・・。
最後まで仲の悪かった陸軍と海軍の摩擦から生まれた潜水艦まるゆの隊員は、
このときの戦艦大和の姿を、戦後もずっと心に留め続けました。
戦後画家になった岡田氏はそのときの感動をこう語っています。
「あまりの感動に思わず目頭が熱くなってきましてねえ・・・・・・」
直後、大和の航跡が起こす大波で、感激に涙ぐむ彼等はずぶ濡れになってしまったそうですが。


いやー・・・
気に入りました。
育てても強くなれないっぽいですが、
かわいいので育てることにします。

ちなみにこんなのです。
気に入ったので、大型建造したらいきなりきたw
艦これ-044

というわけでー、そろそろ出発準備することにします。
ではでは、皆様良いお年を。






スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 
<<新年おめでとうございます。(おそっ | るーじぇすのネトゲ日誌 | 最近はなんか変な動画増えた・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| るーじぇすのネトゲ日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。