オンラインゲームの放浪記。現在は大航海時代,艦コレで放浪中。
http://adventurerecord.blog104.fc2.com/
おかえりなさい、はやぶさ。そしてありがとう!
2010-06-14 Mon 05:16
ども、るーじぇすです。

前回の続きとなります。
とーっても長いです。
ネトゲの話はまったくありませんw
はやぶさの話だけになってるので、あしからず~。

昨日の23時の「はやぶさ」の大気圏の突入にそなえて、
18時あたりからPC全部立ち上げて準備してました。
メインPCは、ニコ動の生中継の画面。
セカンドPCは、USTREAM(和歌山大の行った中継)。
サードPCは、管制室の中継。
4thPCは、アメリカのNASA(?)の番組の中継。
5thPCは、はネトゲ起動しながら、管制室の遅延中継。

結構同じように準備してる人がいたようで、
夕方の段階で、もうUSTREAMには、
4000人がアクセスしてました。
私と同じで「にわかだけど見に来ました!」という人がいっぱい。
なんだか少し安心しました。

「最後まで無事で!」と願っている人ばっかり。
見に来てる人はだいたい、はやぶさのこと調べてから来てたみたいです。
笑ったのは、みな祝杯用にお酒か、「リポD」を用意してたこと?w
始まる前からみなしゃべってて、お祭り状態です。

今回はじめてツイッターというものを経験しましたが、
情報の伝達がめちゃくちゃ早いです。
~のサイトにこんなのがある!とかいうのを、URLくっつけて
書き込んでくるので、伝播がすごくはやい。
複数の場所のツイッターみてましたが、順番に伝播していくのが
見えるのですw
実際、4thPCのNASAのアメリカのNASAの放送URLは
そっちから手に入れました。

準備中もネトゲには全然集中できず。
アデンに入港したあとは上の空、ファレンさんゴメンネorz

そして、19時54分。
カプセルの切り離し成功の時間。
管制室も騒がしくなってました。
ツイッターで喋ってる人も、「お?お?どうなった?情報を!」と
騒いでました。
数分後、ツイッターに切り離し成功の報がはいり、「おめでとう!」
の連呼。
管制室の画像見てる人が大半なんで、一緒に盛り上がってるような
とても臨場感がある感じ。

そのあとは、いよいよ大気圏突入を待つばかり。
ツイッターでも、ニコ動のコメでもカプセルの話が
出てきましたが、
「はいってればいいね。」
「そうだなぁ、はいってればいいな。」
「はいってなくても、戻ってきてくれただけでも。」
そして、はやぶさについても。
「すべて燃えてしまうんだねぇ・・・」
「そうだね。でも、地球に帰ってきたんだよ。風になるんだよ。」
と。
思わず涙ぐみそうになってしまいます。
調べたらほんと、苦難の連続の旅路なので、ずっと見てきた人はすごく、
うれしいやら、悲しいやらで複雑なんだろうなと思います。

22時になって、ニコ動の生中継が開始。
OPの曲はなんと、投稿作品の曲。前回貼った、初音ミクの歌。
ゲストも迎えて、突入までの時間はやぶさについての話。
アクセス者は万単位。(最終的には20万人越えてました)
話を聞きながらみな大気圏突入を待ってます。
会場に、リポDがあるのみて、皆爆笑してましたw

会場でそんな話しているあいだに、はやぶさは最後のお仕事を行ってます。

最後の姿勢制御後、22時02分に、地球を撮影。
そして、地球の影に隠れ、通信途絶するまでの26分の間に、データを送信。
22時28分あたりから管制室で動きがあって、通信データを全部受信終了
したとの報告がツイッターに。
ここでもう一回、「おめでとう!」の連呼。

実はこの最後の撮影は、裏話があります。
この撮影、研究者の思いが篭もってるのです。
「7年ぶりに戻ってきた故郷の姿を最後に撮らせてやりたい」
という思い。
内臓カプセルを地球に向けて射出するため、地球と反対を向いていますが、
カプセル射出から大気圏突入までの3時間の間に、カメラを地球に向けて、
もういちどはやぶさに、地球を見せたいという願いです。
思わず記事読んで泣いてしまいました;;

管制室の人は、こんな思いをしながら、見てたんですねぇ。
この写真が、さいごにはやぶさが見た地球の姿です。

はやぶさラストショット

下半分が切れてるのはそこが限界だったからだそうです。
まさに最後の死力を振り絞って撮った写真です。

ちなみに、こんな手製漫画も掲示板に投稿されてました。
ある画像掲示板
なんかよくできてますねw

そして、22時51分。
大気圏再突入が始まりました。
ニコ動のほうはタイムラグなしで、中継。
USTREAMのほうも数分遅れて中継。
両方目に焼き付けることができました。

まずニコ動で最初にみた中継


つぎに、USTREAMでみた中継


つぎに、NASAのDC-8からの中継


NHKの削除されちゃったんで、NASAのをもうひとつ


NHKのYouTubeにあった・・・


ニコ動も、UTREAMのほうでも祝杯と、お帰りなさいの弾幕でした。
皆でリポDで乾杯でした。
ほんと、空に溶けていく感じでした。
特にNASAのDC-8や、NHKの画像はそんな感じがしました。

そして投下後、場所を知らせるビーコン音が受信できたという知らせが
届いて、皆沸き立ちます。
日付がかわって、0時05分。
ヘリコプターから目視でカプセル発見の報。
ニコ動生中継は終了してましたが、UTREAMのほうのツイッターに、
連絡がきて大騒ぎ。

ほんとに・・・最後まで皆で固唾をのんで見守ってたかんじでした。
ニコ動のほうも2次会だぁ!といいながら、YAMATOネタの動画
(前回はった、トラブル回避の動画。)にコメントしに突撃してました。
再生回数が、90万越えとか、どんだけ~とw

すべて終わって、余韻に浸りながら、ニュースとかそういうの巡回して
いたらこんな記事が。

毎日ニュース:世界初の旅終え帰還

産経ニュース:太陽系の大航海時代の幕開け

産経ニュース:アポロ13号に匹敵

ここまで読んで、昨日から今日にかけて、歴史的なことを見ることができたんだなと
思いました。

特に記事の中に出てきた、数個の言葉。

・はやぶさ最期の日は、日本の惑星探査が世界に肩を並べる日となった。

・はやぶさは、惑星探査をリードしてきた米国、ロシアも及ばない実績を残した。
 日本は自信を持って、太陽系の「大航海時代」に乗り出すことができる。

・数々の危機を乗り越えた成果は、重大な故障に見舞われながらも帰還した
 1970年のアポロ13号に匹敵するとさえいえる。

・結果的に多くを学んだ日本は世界でもナンバーワンの探査技術を手に入れた。

すごく大きな一歩だったんだなと実感します。

アポロ13の映画を見たとき、すごいと思いましたが、日本でもこういうすごい
ことができるということが、なによりもうれしかったです。
中国の有人ロケットの成功の報を前にみたときは、少しくやしかった。
でも、もう日本にも誇れることができた。
ほんとに、いろんな意味で、ありがとう、お帰りといいたいです・・・。

読売新聞のHPに突入時の写真が、早い時期にUPされてて、
ネット上でURLが貼られました。
読売GJとかいいながら押したら、凄く綺麗な写真で・・・
皆みとれていたようでした。
これの1枚目が読売のやつです。

万感の思いで見たんでしょうね。
泣けるって言ってた人もいましたし。

最後に・・・、
サンプラ担当、SV、回収隊・方探班本部、科学・輸送班 矢野 創さんの
はやぶさへの手紙です。

はやぶさへの手紙

技術者のひとは、ほんと、この手紙にこめられた思いが判るんじゃないかなって
そう思います。
まじ泣きしそうでしたw

って、もうこんな時間(5時08分)・・・
そろそろ寝ることにします。

PS:日記かきながら、ニコ動の生中継のOPとEDに使われた曲聴いて
   ましたけど、ほーんと、はやぶさのこと表しているなぁって思いました。
   ちょっともっかい貼っておきまーっすw

ニコ動画生放送OPで使用された曲


ニコ動画生放送EDで使用された曲


では、おやすみなさい・・・Zzzz
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:1 
<<お空、綺麗ね・・・ | るーじぇすのネトゲ日誌 | はやぶさが帰ってきます>>
この記事のコメント
no.262:
全部見たら泣いてました^^;

いろんな人に知って欲しいですな^^
2010-06-15 Tue 01:43 | URL | ホロ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| るーじぇすのネトゲ日誌 |