オンラインゲームの放浪記。現在は大航海時代,艦コレで放浪中。
http://adventurerecord.blog104.fc2.com/
死刑制度についての考察
2008-09-06 Sat 14:19
ども、出張中のるーじぇすです。

現在は九州に来ております。
昨日はラーメンを食べに・・・いってきました。

九州のお客さんに聞いたところ、美味い店は代表的なもので3店あると
いわれたので、くるたびに探していってきてます。
麺類は好物なので、美味しいラーメンは大歓迎です。

紹介してもらったラーメン屋は次の3店。

① 一竜  中洲の中にあって暖簾分けされた店が屋台をやっている。
② 一蘭  中洲だけでなく博多駅近辺にもあるチェーン店(?)
③ 一風堂 天神にある店

どの店も美味しいです。
ただ②の店は味に集中してもらうって意味で、カウンターの席の各席が、
ついたてで仕切られてて、なんとなくブロイラーの鶏になった気分になります。
結局一緒にいった人たちは、ついたての外側に首だけだして、
『美味しいねー』
とかしゃべるので、意味がないような気がせんでもないです。
ぐぐったらどの店もでるので、博多に来たときは一回いくといいです。
ちなみに一風堂のはカップラーメンにもなってますが・・・・
あれは、化学調味料でそれらしく似せてあるだけなので、
麺が全然違いますので勘違いしないよーにw

さてさて、昨日の更新を忘れてたわけですが・・・
昨日は出張の移動だったので忙しかったというわけでもなく・・・
本を読んでいたためでした。

読んだのは、近藤昭二著の、誰も知らない死刑の裏側という本。
裁判員制度が始まるにあたって死刑とはどのようなものか?
ということを書いた本です。
この本では死刑判決が下るまでの経緯、決定するにあたっての考え方、
死刑囚の留置期間の態度・心情、冤罪について・・・
と色々書かれています。
成人している以上、いつ裁判員になるかもしれないので、
こういった勉強しておくのは・・・無駄ではないと思います。
本の内容については・・・ここでは書かないようにします。
きっと主観が入ってしまって、ゆがんだ内容になりそうなので。

本を読んだあと、死刑について少し考えてみました。

死刑存続か、死刑廃止かという論争が以前よりありますが・・・
私は死刑存続派です。
犯人に死刑を適用するのは、人権の観点からみても好ましくないとの
意見があることは知っています。
しかし、殺された人は、人権を蹂躙され、人権を永遠に剥奪されているのです。
人の人権を奪った人が、自分の人権はえらそうに尊重しろという。
そんなことを私は認めたくありません。
殺人者に人権は無いと思います。
人の人生を終らせておいて、自分は生きる権利があるとでも思うのでしょうか。
悔恨して心から反省する人もいますが、それでも人権なぞ認めることには抵抗があります。
それとは別に、感情的なものだけでなく、色々自分なりの意見があって、
死刑廃止には反対です。

日本では、死刑が一等減罪されると、無期懲役になります。
この無期懲役は言葉通りではなく、実際には満期のない懲役という意味で、
社会復帰してくる可能性があります。
(最近は仮釈放の基準が高められ、そんなに出てこなくなってますが。)
つまり、殺人事件で有罪になっても、死刑判決にならなかったら、
殺人者が社会に復帰してくるのです。

日本以外の国は、宗教を大切にしてる国が多いです。
キリスト教圏、ユダヤ教圏、イスラム教圏その他色々ありますが、
全ての教圏で、殺人を行うことは神の教えに背くこととして強く教えています。
(イスラム教の場合はちょっと同意しかねる法もありますが・・・)
それに比べて宗教観念の薄い日本は道徳教育が弱いです。

本来、学校と家庭で道徳的な教育はされるものですが、
体罰を必要以上に問題視しすぎて、学校で道徳を教えにくくなっているように思えます。
悪いことは悪いとはっきり教える教師が少なくなってるのではないかなと・・・
事なかれ主義で放置が多いようなイメージが。
おまけに家庭における教育も昔にくらべて、放任することが多くなっているらしいです。
(私が学生のときは、家でも学校でも遠慮なく体罰があって、親も教師も本気で
 怒って教育していたので、しっかりした道徳観念がされたのだと思ってます。)

このように道徳観念が希薄になってる状態では、人を害することを恐れないうえに、
『死刑確定しても、反省しておとなしくしていれば、仮釈放・恩赦ででてこれる・・・』
などと短絡思考するひとが、割合的に多くなってるのではないかって思ってます。

こういった理由で、仮釈放のない無期懲役がない現状では、死刑を廃止するわけには
いかないと思います。

死刑廃止を提唱してる人は、世界の多くの国で死刑が前時代的なものとして、
廃止されている傾向にあるといってます。
つまり、死刑制度は殺人の抑止力にならないと世界で認識されているのだという意見。
でもこの意見、私はあまり同意できないです。
下記に実際のデータも示してみたいと思います。
10万人あたり殺人事件発生率が低い国ランキングというものを表記してみます。

1位 パキスタン(0.05件)
2位 カタール(0.17件)
3位 ミャンマー(0.19件)
4位 キプロス(0.26件)
5位 モロッコ(0.48件)
6位 日本(0.50件)
7位 オマーン(0.59件)

この中で死刑制度を廃止しているのは、キプロスだけです。
つまり・・・統計的に見ると、殺人事件の発生率は、死刑制度存続している
国のほうが少ないのです。
死刑が殺人の抑止策になりえない、またはなりえるか判らないという意見を
よく聞きますが、統計的にみると、きちんと抑止できているように思えます。

あと考慮しなければいけないのは冤罪ですが・・・
死刑制度において、問題なのは、この冤罪だと思います。
冤罪であった場合、死刑執行された人は帰ってこない。
遺族にとっても最悪の結果でしょう。
また殺人事件の被害者の遺族にとっても後味の悪いものとなります。
ゆえに、死刑判決を出す為には、確実な証拠がそろっていて、
冤罪の可能性がまったくないことが必須になると思います。

取調べ中の自白強要などが問題になってることもありますが、
殺人事件犯した犯人が、黙秘して黙っていれば捜査がすすまず、
事件が立証できません。
犯人もそれがわかっているので黙秘するわけで、ある程度の強い取調べは
必要だと思います。
(自分が冤罪でつかまって強い取調べを受けたら・・・と考えると、たまらない
とは思いますが、真犯人を捕まえる為には、ある程度のことは仕方ないと
思います。)

以上のことを考慮した結果・・・
私は死刑存続は必要だということに加え、仮出所のない懲役刑も必要なのでは
ないかと思います。
仮出所のない懲役刑であれば、真犯人だった場合少なくとも社会復帰はしてこないし、
また、冤罪であった場合は無罪を主張する運動を展開でき、再審で冤罪であったことが
確認できれば、社会復帰できます。
金銭で済む問題ではないけれど、無罪が確定した時点から、国家に損害賠償を求める
こともできます。
ちょっとまとまり無い文章だけど、死刑制度の考察はこんなとこでしょうか・・・

って今日はネトゲの話する余裕がないようです。
今日は自分の考えを纏めるために、日記書いたって感じですね~。
次回こそはネットゲームのネタあるといいなー。

ではノシ

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:4 
<<オプーナを買う権利ってなんでしょう? | るーじぇすのネトゲ日誌 | 幽霊船(出陣式?)イベントに行ってきました>>
この記事のコメント
no.115:
一蘭はうちの会社のビルの地下だな(何処
熊本にもあるね。

一竜は行列見てやめたw

まぁ、わたしは死刑廃止に反対の反対だな。
これは他のところでも書いたんだが、ただ死刑するだけではもったいない。
死にたくないのに病気や怪我で死ぬ人だっているんだからな。
何故反対かっていうと、こうしたらいいとおもうからだ。
「人権剥奪の上、医学サンプルとする。」
要するに過去にナチスドイツがやっていた医療実験体だな。

どうせ死ぬんなら、少しでも万人の役に立って死んでくれということだ。
2008-09-06 Sat 20:07 | URL | らーす #uLMB74oQ[ 内容変更]
no.116:
一応昔は、死刑のあと大学病院などが買い取ってたらしいですよ。サンプルとして。
豪胆な死刑囚は、先払いでもらって、使ってから死刑になった人も・・・います。マジデ。
2008-09-06 Sat 20:56 | URL | るーじぇす #-[ 内容変更]
no.118:
一欄は横浜と池袋にもあるよ!(確か

福岡なら確か箱崎だったと思うけど一龍(一竜じゃないお)がお勧め♪
2008-09-08 Mon 07:21 | URL | SAORI #-[ 内容変更]
no.119:
一龍ってのもあるのかー。
一竜のほうは中洲を拠点にしてるやつでふ。
吉塚~箱崎間に仕事場あるので、こんどいったら、
一龍さがしてみまふ。
・・・オナカスイター
2008-09-09 Tue 10:33 | URL | るーじぇす #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| るーじぇすのネトゲ日誌 |