オンラインゲームの放浪記。現在は大航海時代,艦コレで放浪中。
http://adventurerecord.blog104.fc2.com/
大海戦です
2007-12-28 Fri 18:39
どもるーじぇすです。

今日で今年の仕事もすべて終了しました。
今年もいろいろな人にお世話になりました。
来年もたぶん、いろんな人にお世話になると思います・・・
リアの知り合いもネットの知り合いも、来年もよろしくお願いしますね!

でもって本日は・・・
大航海時代で大海戦です。
ルーで参戦したことはあったのですが、そのときは強くなかったので、
すぐ沈んでしまいました。(LV24だった)
いまは海事キャラがLV52になってるのでまだなんとか戦えると思います。
てなわけで、今日はちょっと時間ないので、このへんで。

明日(次回・・・)、大海戦の報告をしたいと思います!

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:3 | トラックバック:0 
ローズオンラインやってみました
2007-12-24 Mon 22:32
どもるーじぇすです。

今年最期の連休の3日間。まったりすごしました。
なんかネットゲームしたり読書したり、色々充実したお休みでした。

さて、まずはネトゲの話。
少し、大航海時代とFEZ以外になにかないかなと探してみました。
したら、知り合いが色々こんなのがあるといってくれたので2、3やってみることに。

まず、NAVYFIELD・NEOとかいうのをやってみました。
第二次世界大戦の少し前という時代設定での艦隊戦のゲームです。
それぞれ一隻の軍艦をもって同じ国のひとと連携して海戦を行うというゲームらしいです。
シミュレーション系だとおもって、一回やってみたのですが・・・・
アクション系に近いものでした・・・・
練習艦を撃沈するチュートリアルの海戦で、撃沈するのにものすごく時間かかってしまった
ので・・・才能がまったくないと判断して、それ以上はやらないことに・・・。

次にやったのはROSEオンライン。
いろいろクエストをこなしていきながらLVを上げていくというファンタジー系のゲームです。
MMORPGですね。
RO引退してからは、全然この手のゲームやってなかったので、少しやってみようかと思い、
ダウンロードしました。

キャラ名は例によってルージェス。
魔法系の職につきたいので目標はミューズです。
キャラはこんなかんじ。
DIA071224-1.jpg


とりあえずミューズに転職する為に、LVを10まで上げることに。
MOBをさくさく倒していきます。
ROと同じでクリックしたら死ぬまで自動的に攻撃します。
キャラは経験でLVが上がって、スキルポイントを消費してスキルを取ります。
その辺のシステムはROと同じですね。

他のゲームと違うとこといったら、MOBが人語を解するというとこでしょうか。
ROSE2

なかなか楽しいこといってくれるMOBです。

あとはなんか狩りしてたら横を自動車が通過していきました。
LVあがって資金も貯まると、乗り物が買えるみたいです。
もとからもってるスキルに『二人乗り』なるものがあるのですが・・・
自動車買ったら、タクシーが出来るかもしれません・・・。

セーブポイントはこんな感じ。
ROSE3


SSを見比べてみたら判ると思いますが、昼夜の時間があって、空の色が変わります。
夜には夜にしかでないMOBが出現するらしいです。
時間の概念があるゲームは、マビノギぐらいしか知らなかったので新鮮です。
まぁいろいろ狩りをしてミューズになるとこまでやって、今日は終わりにしました。

ちょっとずつやっていこうかなと思っています。
なんか和むので・・・このゲーム。

ネットゲームに関してはコンナ感じ。

で、ネットゲームとかを教えてもらっているときに、ニコニコ動画とかいうのを教えてもらいました。
以前から聞いてたのですが、著作権に触れるような動画(TV番組をまるごとUPしたような)
がUPされていると聞いてたので、利用してなかったのですが、著作権に触れるような画像
が削除されてもなお、面白い画像があると聞いたので、ちょっとのぞいてみました。

したらMAD系としてUPされているもので、ものすごく面白いのがあって、朝までずっと
巡回してしまいました・・・_| ̄|○i||i
私が昔に見てたアニメのMAD映像があって、滅茶苦茶笑い転げる羽目に・・・。
(それも一晩中)

エヴァのネタとローゼンのネタわかる人なら爆笑できるんじゃないかと思います。
ニコニコ見れる人で、エヴァとローゼンわかる人は、一回見てみてください。
興味なかったらスルーでw

//www.nicovideo.jp/watch/sm1835132

あとエヴァにいろんなもの混ぜた動画。

//www.nicovideo.jp/watch/sm1406120

最初が一番笑えました。
異様に合ってるんですよね、曲がww

まぁそんな感じで一晩中、涙流して笑ってました。
年末はまた出張ですけど、休みはしっかり取れるようなので、
正月とか田舎に帰ったら、巡回してみようとおもいます。

では、今日はこのへんで、失礼しまーす。
別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 
ジンバブエ遺跡発見
2007-12-20 Thu 22:12
どもるーじぇすです。

今日は午前中、体調が悪く(風邪らしい)寝込んでました。
18時までぐっすり暖かくして眠ったら、熱が引いたので回復したのかなと
思います。
咳がとまってないので、まだ気をつけないといけませんが。

さてさて今回は大航海時代で冒険を再開したので、
その発見物の紹介です。
今回はジンバブエ遺跡(グレート・ジンバブエ)です。
世界遺産の一つとなっている遺跡で、黒人による遺跡です。
グレート・ジンバブエ遺跡

ジンバブエの意味はショナ語で『石の家』となります。
遺跡のある一帯を示す遺跡としての呼び名は、頭にグレートをつけて、
グレート・ジンバブエとなるそうです。

位置はソファラの南にあるザビ川の約500Km上流に位置します。
遺跡の中心部にある石造建築物群は、王や首長の一族のために築かれた建築物で、
直方体の花崗岩のブロックを積み上げた円、楕円形の建物の組み合わせで、
エンクロージャー(囲壁)と呼ばれています。

石造建築エンクロージャー群は、下記の三つに分けられます。

①アクロポリス

 ジンバブエ遺跡の中で北側に位置する遺跡。
 西エンクロージャーと、東エンクロージャーに分かれる。
 西エンクロージャーは、政治を司った建物で、
 東エンクロージャーは、祭壇などの祭司場として使われていたと思われる。
 祭司場には、天の霊界と地上の俗界を往来し仲介できる使者のような存在
 として考えられていた、鳥の彫像若しくは人間のような足を持つ鳥のような
 生物の彫像が残されている。

②谷の遺跡

 アクロポリスの4、500m南に位置する遺跡。
 首長の一族が住んでいたと思われる建築物。
 首長の第一夫人を中心として、その他夫人住んでいるエンクロージャーに
 通路が延びている。
 各家庭の前にはトーテムがあったらしく、そのなかには、鳥の石彫を頂部に
 付け、ワニの姿を刻んだ滑石製石柱が1点発見されている。
 現在のジンバブエ共和国の国旗の鳥の彫像のイメージは、この遺跡から採
 られている。

③大囲壁(グレートエンクロージャー)

 第一婦人のエンクロージャーからのびる通路の真南の突き当たりにある楕円神殿。
 大きく東側と西側に区分され、西側は居住の場、東側は、宗教的祭祀的な空間で
 あったと考えらている。
 (まだ正確な用途は、はっきりわかっていない)


グレートジンバブエは、紀元前1000年ごろに、集落が築かれました。
その頃にザビ側の南に位置する、リンポポ川のとその支流シャシ川の合流地点にも
ショナ人による集落が形成されます。
それは大きく発展して1075年ごろ有力な支配者が現れて、マプングウエの
柳葉状の丘に石造建造物を築きました。
1100年ごろにグレート・ジンバブエはマプングウエの影響を受け、石壁をもつ建築物
を作り始めます。

マプングウエは金の交易で栄えますが、1250年に旱魃に見舞われ、イスラム商人達は、
北のザビ側のほうに、交易路を移し始めます。

インド洋の交易ルートの中継点となったグレートジンバブエは、14世紀に最盛期を
むかえます。
グレートエンクロージャーをはじめとする大多数の建造物はこの時期に建てられたと、
考えられています。

しかし最盛期を迎え、人口が増えた結果、燃料や建築物にしようするための木材を伐採
しすぎ、遠方までいかないと、木材が手に入らなくなります。
また穀物の栽培を繰り返したけっか、もとより土地の痩せてたサバンナで土壌を疲弊させる
結果となります。

さらに、交易中継点としての都市が、ザビ川より北のザンベジ川にうつっていくことにより、
グレートジンバブエは衰退し、15世紀後半に滅亡することになります。

この遺跡の調査において、当初は古代フェニキア人やユダヤ人によって築かれたと
考えられていました。
しかしのちの綿密な調査の結果、現地住民であるアフリカ人によるものであることが、
判っています。
最初、現地住民が築いた遺跡であると発表したとき、白人から猛反発があったそうです。
白人のみが優等人種であるという考え方が、根強く残ってた時代(いまもそういう風潮は
消えませんが)なので、白人には受け入れがたかったようです。

グレートジンバブエについてはこんなとこです。
さすが世界遺産なだけあって、WIKIの情報も詳細にわたってかかれてて、
面白いです。
興味あればWIKIをみることお勧めですw

んでは今日はこんなとこでー。

別窓 | 日記 | コメント:1 | トラックバック:0 
魔女狩りについて
2007-12-16 Sun 16:32
どうもルージェスです。

今日で出張も終わりで、明日移動して帰ることになりました。
やっと家にかえれます。
新聞止め忘れてたので、玄関みるのが怖いです・・・

昨日は夜勤で監視が主任務だったので前回よくわかってなかった
魔女狩りについての本を読んでみました。
そしたら、かなり魔女狩りについての認識違いが・・・__○_
なので、前回書いた文を補正するために魔女狩りについての詳細を
記そうと思います。
ちょっと長い文になりそうなのでネットーゲームの話は今回なしです。

では魔女狩りについて。

まず、魔女とはどういった人のことに当たるのか。
魔女狩りにおける対象となったという意味での魔女とは、
魔術を行使する人と思われた人が対象となっています。
つまり魔女を広義の意味で捉えると、魔女も魔術師も迫害された点では
同じということになります。

魔女狩り自体を考察するに当たっては、魔女も魔術師も同じなので、
分けて考える必要はないとも言えるのですが、狭義での魔女(妖術師)、
魔術師がどういった人を示すのかまず説明します。

魔術には2種類あって、魔女のつかう日常の魔術(low-magic)と、
魔術師の使う高度な魔術(high-magic)が存在します。
つまり使う魔術の種類によって、魔女と魔術師が区別されることになります。

まず魔女(妖術師)のつかう日常の魔術。
病に倒れた人を治療したり、失せ物を探したり、未来を予言したりします。
この場合でいう魔術とは、治療であれば過去から伝わる民間医療や
薬草の知識を使って病を治すことを示し、失せ物を探したり未来を予言したり
するということは、情報提供者からの情報を分析して、その分析結果を知らせる
ということにあたります。

また魔女は白魔女と黒魔女に分かれています。
色の意味合いからも読み取れるように、白魔女は人に恩恵をもたらすもの、
黒魔女は人に害意をもたらすものです。

ただ、この白魔女、黒魔女は表裏一体といえます。
魔女がある人によい恩恵をもたらした場合、その人物からみると白魔女となります。
しかしその恩恵をもたらされた人に敵対する人からみれば、
自分は不利益を蒙ったことになるので黒魔女となってしまうからです。

次に魔術師のつかう、高度な魔術。
厳密にいうと使うという言葉は適切でなく、研究するという意味合いになります。
ここでいう魔術師とは、占星術や錬金術などを使い宇宙を統御しようという考えを
研究していた人たちになります。
つまり、宇宙の法則を理解し、使いこなせるようになろうという研究です。
その研究の根本には新プラトン主義の世界霊魂というものがあります。

この世に存在する物質は、唯一神を起源とする世界霊魂によって存在し、
動かされている。
神が世界霊魂に物質という衣を与える事により世界は物質化した。
すなわちすべての被創造物は多様な形をとっていても、本質は唯一つである。
それゆえ天上界と地上界には本質的な差はなく同じ仕組みでできている。

神が世界創造で行った事と同じ原理を、世界霊魂に干渉することにより、
実現することを研究しています。

いろいろな手法で世界霊魂に干渉することを研究していたみたいですが、
ここではあまり関係ないので省きます。
(いろいろぐぐってみたのですが、現代の人からみると正気でこんな研究
 してたんだろうか・・・と思うような内容です)

少し長くなってしまいましたが、魔女と魔術師とはこういった人たちのこと
です。

魔女狩りの時代よりはるか昔からこういった人たちは存在していました。
しかし、別段人の害になるということで、迫害されたりはしていませんでした。

それなのに15世紀、16世紀においてなぜ魔女狩りという凄惨なことが
なぜ起こったのか?

それは教会の考え方が少しずつ変化していったことが原因にあるようです。

まずこの時代の人々の学識は、聖書とか古代古典の文献をもとにしたものが
常識となっていたので、聖書の中にある悪魔が人を誘惑したり、人にはない
技をつかうということも、迷信とは思っていませんでした。

また人にはそのような魔術は使えるとは思われてなく、
悪魔と契約した人間が、悪魔の力を借りて魔術を使っていると思われてました。

12世紀から13世紀の教会は、魔術師は悪魔の力を借りるといっても、
悪魔を利用してるだけで、依然キリスト教徒であるというスタンスを、
取っていました。
また悪い方向に魔術を行使しようとしている魔術師に対しては、鞭打ちの刑
やキリスト教圏からの追放という形が主な対応で、極刑になることはまれ
でした。

おかしな方向に転がり始めたのは、教会の異端審問と魔術が絡みだしてからに
なります。

異端審問というのは、教会からみた異教徒や、同じ教会の中でも異端とされる
宗派の撲滅を目的としたものです。
つまり土着の宗教や、教会内の異端分子の排除が目的でした。

教会は人間の究極目標である魂の救済を目的としています。
それを妨げるのは悪魔の所業ということになります。
(聖書にも、人を惑わすものは悪魔だと記されています)

異端派は正統な教会の教えを妨げるものとしてあつかわれます。
つまりそれは、教会を妨げる悪魔に感化されているということになり、
人間の魂の救済を妨げるものとして、人類の敵であるという扱われ方を
されることになります。

ゆえに人類の敵を一掃するという意味で、撲滅という方向で動くことに
なります。

撲滅が目的である以上、裁判も正規の手法がとられていたわけでなく、特別な
法的手続きがとられていました。
通常と違う部分を列挙してみます。

① 告発された人物(被告)は証人がだれであるか知ることができない
② 通常の裁判では証拠としてみなされないようなものでも証拠としてみなされる
③ 告発された人物は訴訟代理人が認められない
④ 告発された人物を尋問するのに、拷問を行うことを許可する

撲滅を目的としている以上、異端が許されることはあまりなかったようです。
異端を捨てさせるための審問というとこでしょうか。

14世紀には、悪魔と契約するという行為が、異端審問裁判の管轄に
あるという考えが一般に受け入れられていくようになります。
(14世紀以前は世俗的犯罪として普通の犯罪と同じように裁かれていた)

そして、15世紀にはいって、魔女像の定義が変化します。
悪魔を利用したり、力を借りて魔術を使うものとしていた魔女像の定義に、
異端分子の特徴までが組み込まれてしまいます。

魔女は、異端派の宗派と同じように、真夜中に集会をもつ。
悪魔と契約し、悪魔の手先となって命令に従い、その見返りに財産を得たりする。
また、魔女は真夜中に空を飛び、広域な範囲からあつまって行う集会をもつ。
その中には悪い魔女の一派があって、長期的かつ広範囲にわたり秘密の活動が
行うことができ、キリスト世界を転覆させるために身をささげている。

この魔女像ができてしまったために、異端派と魔女が密接な関係にあると、
判断されるようになってきてしまいました。

このときより、都市や村落で魔術をおこなっていた人までもが、異端審問裁判
の対象になっていってしまいます。
(ただし告発されたかどうかは別問題で、告発されたひとはそういった魔術に
 携わってなかった人が多い)

魔女狩りにあるイメージ、拷問、火刑台は、この異端審問裁判に由来するものです。

では実際に魔女狩りの対象になった人はどういう人で、どういう理由だったのか?

前回では4つほど挙げてましたけど、このうち①~③はもう否定されてるそうです。

①の異教徒狩り。これは上記で説明しているとおり、異端審問なのであって、
魔女狩りとは、違うものです。
異教徒を狩るということは宗教上の理由に関係しますが、魔女裁判については、
異端審問の形をとることになっていただけで、裁判にかけられた人は、
宗教とは何の関係もない人だったそうです。

②の金銭集めは、裁判にかけられた人は大半が貧しかったということと、
告発したした人がその財産を受け取れるシステムではなかったという事。
さらに、告発した人が高額な訴訟費用を払わなければいけなかったこと
で否定されています。

③のスケープゴート、戦争や飢饉の被害の不満の矛先を変えるという考えも、
魔女狩りの時代に戦乱や飢饉のなかったイングランドでも魔女狩りが起こってることに
よって否定されています。

④の姥捨て山。これは否定材料も出ていなかったのですが、似た説がありました。
魔女として告発されるひとは、口やかましい攻撃的な人で、隣人と上手くやって
いけない人が多く、厄介者だったひとが告発されていたという説。

いろいろな説があるけど、はっきりとした対象はまだなんともいえないようです。
たぶん、色々なパターンがあったのだろうと思います。

ただ、本当の魔女が告発されたかどうかというと、怪しいらしいです。

魔女像の定義が異端審問に結びついてから1世紀後に、魔女狩りが発生している
からです。
魔女狩りで行われる異端裁判などはたしかに魔女が起源ですが、実際に魔女狩りで、
迫害されていた人は、魔術とはまったく関係なかったひとも含まれています。
つまり魔女狩りの名を冠しているけど、実際に魔女だけが迫害の対象であったわけでは
ないと思われます。
また、異端審問で裁かれた人数は4万人とかいわれてますが、それ以外に魔女だという
きめつけで私刑にあって殺された人は裁判で裁かれた人数より多いといわれています。

というわけで魔女狩りについての調査は、いったんこんな所です。

最初想像してたものと全然違っていたので、少しびっくりしました。
それに魔女狩りなのに、魔女と関係ない人までいっぱい死んでるって、
ひどい話だなぁと思います。
私が読んだ本では、ユダヤ人の迫害などの差別に通じる所もあると書かれていました。
こんな感じで知ってるようで知らないことって以外と多そうな気がします。
ただこの考察は、私が本を一回読んでまとめただけなので、正しいとは言い切れません。
てかたぶん、変なところもあるような気がする・・・

明日には家に帰るので、大航海時代での冒険を再開します。
あとFEZも闘技場にはまっているので、そっちの話も書こうと思います。

んではまた~
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
中間報告・・・長引きそうです。
2007-12-12 Wed 19:10
どもるーじぇすです。

前回に続いて、出張中でございます。
夜勤連打でしんどいです・・・

もうすぐクリスマスシーズンということで、ネットゲームの中もイベントが発生してます。
FEZではクリスマス装備がでまして、イベントクリアするともらえます。
なかなか真っ赤でかわいいです。
クリスマス装備

防御ないので、戦争にこれでいったら蒸発しますけどねー。
・・・でもなんで帽子だけ課金かな。
おかげで今日の晩御飯半分になっちゃったです。

さてさて前回に続いて、魔女狩りについての考察。
まずは魔女がなんなのか?
魔女というのは、ウィッチ(フランス語だとソーサラー)と呼ばれるもので、魔法使い(ウィザード)とは違うようです。

まず魔女の簡単な定義をあげてみる。

実際の魔術を使う人というより、伝承を伝えたり、薬草や自然界のことについての知識を
持った人のことで、呪術医、あるいはシャーマニズム的宗教者。
村の古老とかそういう人たちが当てはまります。
中世の時代とかだと実際にいたということになるのかな。

次に魔法使いの簡単な定義。

魔法使いは魔法が使える以外に、豊富な知識を蓄えているとされる。
魔法使いのうちでも、とくに賢明で思慮深く、魔法を正しいことのために使う者を
「魔術師」(ウィザード)または「賢者」(ワイズマン)と呼ぶ。
こっちはもう幻想文学の世界になるということですね。

まぁかなり簡略化してるけどこんな定義になります。
(ちょっと本買ってきてちゃんと勉強してみるつもりなので、間違ってたら訂正します~)

魔女狩りというのは、実際にあったことなので、迫害されたのは前述の魔女ということに
なります。

魔女狩りについては、いろいろ諸説あって、理由がはっきりしてません。
(明確な答えがないということですが。)
一応簡単に探してみた理由を列記してみます。

① 異教徒狩り

これは文字通り、キリスト教会が異教(土着信仰)などを排斥するために行ったとする説。

② 金銭集め

魔女であるときめつけて、裕福な家庭から財産を没収するために、行ったという説。

③ スケープゴート

大飢饉とか、大災害のときに、民衆の怒りが支配層に向かないようにするために、
原因を魔女として生贄にしたという説。

④ 姥捨て山

生産能力のなくなった人(主に老人)を始末(言い方は悪いですが)するために
行ったという説。

どの説をとるにしても、本当の魔女を狩るといった意味合いはなく、ただ単に
邪魔な人を排斥するために行ったという色合いが強いような気がします。

各説を提唱した人たちはいろいろ、理由付けをしてるのですが、
そこまではまだ調査ができてません・・・
今日本買ってきて、実際の専門書で勉強してみようと思います。
てかネットだけじゃわかんないわー・・・

まぁ今日はこんなとこです。

PS 大航海時代、納品終わりました。4個ずつ16個ポイント5で納品しましたので
   よろしくー。

ではw



別窓 | 日記 | コメント:1 | トラックバック:0 
ただいま出張中・・・監視なので本読んでます
2007-12-08 Sat 19:59
どうも、るーじぇすです。

今日は出張中ですが、仕事はお休みなので、ホテルでまったりしてます。
ある人から薦められた本(Dクラッカーズ)を読み始めたのですが、
なかなか面白くて、一気に9冊読破してしまいました。
そのせいで、昨日はログインほとんどしてないです・・・。

現代を舞台にした、悪魔召還のお話なのですけど、設定がものすごく面白かったです。
ただ・・・私の気に入った人物(人ではないですが)は最後可哀想なことになってしまった
ので、少し悲しかったです。
9さんあたりなら私の気に入ったキャラ、あっさり見抜かれそうな気がします・・・

んでもってネトゲの話ですが・・・

今回出張にきてるので、少しづつしか時間とれないので、まずはFEZをやってました。
やっと皿が35LVです。
服装も、店売りの防御力のなかった装備を強化できるようになったので、
魔女らしくしてみました。
魔女服

黒い服に羽根付き帽子。
あと黒猫か烏がいれば完璧なんですが・・・
ペットでも実装されませんかねぇ。
ちなみにSSは何をしているところかというと、ドラゴンソウルを取得するため、
ゴーストを倒しまくってるとこです。
結局・・・一個もでませんでしたがTT

今日は魔女ネタで何か書こうとおもってぐぐったのですが・・・
あまりに内容が濃すぎて、まとめられませんでした・・・
魔女狩りについてちゃんと考察して、次回に書いてみようと思います。
(魔女と魔法使いの違いとか・・・魔女狩りと異端審問は別物とか・・・
 おくが結構深いようです)

では、今日はこんなとこでー
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
出張です
2007-12-04 Tue 23:34
どもるーじぇすです。

明日から出張になります。
出張前日はいつもあわただしくて、
つかれます・・・
もう体力もつきました・・・
というわけで、今回は休載です~(連載シテルワケジャナイケド)

ではまたですw

別窓 | 日記 | コメント:1 | トラックバック:0 
| るーじぇすのネトゲ日誌 |